ナサのブログ

好きなことを書いていく

ネガティブなコメントは無いよりあったほうが嬉しい

どうもナサです。

この記事は1分で読み終わると思います。
手軽に最後まで見てね

 

この前、「映画SAOの感想」という記事を書きました。

htilcs1115.hatenablog.com

 この記事のブコメにこんな感想がありました。

「全然分からんです」

「つまらん!」とか「こんな記事書くな!」などのあからさまなコメントではありませんが、初めてネガティブなコメントが来たのでショックを受けました。

「ネガティブなコメント」と言うのは大げさですね

このコメントを書いた人がどういう気持ちで書いたのか分かりませんが、
多分「お前の感想を読んでも映画の魅力が伝わらない」という意味だと思います。

やっぱりそうですよね。
私も力不足を感じていました。

でも、このコメントを見た時はかなりショックを受けました。

私のブコメが1つもつかないものばかりです。
なのでこの記事でブックマが6行った時はめちゃくちゃ嬉しかったです。
(まあ、6って少ないですけど、、、)

その浮かれてるタイミングでこのコメントを見たので気持ちはだだ下がりです。

 

でも思ったんです。

「面白くないからブラウザバックしよ」ってやつより
「お前の記事はだめだ」と言ってもらえるほうがいいんじゃないかな?と。

さすがに「氏ね」とかはもらっても嬉しくないですが、
笑いを狙った記事で「滑ってるよ。マジつまらん」とか言ってもらえると

「あ〜。この記事はダメだったんだ」というのがはっきりと分かるので嬉しいです。

アクセスが有る=面白い
アクセス無い=面白くない

ということではないので自分の記事がどうだったのかはコメントでしか分からないと思います。

 

私はアクセスを稼ぎたいですが、それ以上に「こいつ少し面白いな」って思ってもらえる記事を書きたいと思っています。

なのでお手数ですが面白くない記事のときも「クソ」でいいのでコメントしてくれると嬉しいです!

まあ、面白くない記事にわざわざそんなことする人はいないと思いますが。

 

まとめ

どんなことでもいいから私の記事に対するリアクションをくれ!

ということです。

一言で言うと、「かまって!」

こんな記事を最後まで読んでくれてありがとう。
それではバイバイっ!(ちゃんとかまってね

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

広告を非表示にする