ナサのブログ

好きなことを書いていく

幼女戦記 4話感想 口は災いの元!

どうもナサです

今回は幼女戦記4話「キャンパスライフ」の感想です。

前回に前線から本国の安全な大学へ行ったターニャですが、
これからどうなっていくのでしょうか?

f:id:htilcs1115:20170121064301p:plain

では4話感想やっていきましょう

 口は災いの元

大学でも優秀なターシャです。
上官の目に止まり二人で話をします。

ターシャちゃんは「チャンスキタコレ!」と思い、
この戦争についての意見を述べます。

「魔道士の部隊を作るべきです」みたいな事を言っちゃいました。
まさか自分がこの部隊に入ることになるとは思ってなかったみたいです。

あれだけ後方がいいと言っていましたが、自分で部隊を作るべきと言ってしまったので、断れませんよね〜

ってことでターシャちゃんはあえなく前線に復活です。

そろそろ1話2話のようなカッコイイ戦闘シーンが見れそうですね。
楽しみです!

そういえばオッサンだった

忘れてました。
ターシャちゃんはオッサンでしたね。
時々ターシャちゃんが可愛く見えます。

現代社会の社畜からの転生という設定はいらんなかったんじゃ?
1話で言われていたように幼女の皮をかぶった怪物という事でいいんじゃ?

でもそれだったら存在Xが、、、

難しいことろですね。

今後元社畜という設定が生きてくるのか、無くてもいいのか
どうなるんでしょうか?

評価★★★☆☆

あのキャラデザに慣れてきたと思いましたが、無理でした。
EDで原作の絵が出てくるとやっぱりアニメと比べてしまいます。
話の方は大方予想通りに進みあまり面白さは感じませんでした。
次回はそろそろ前線での戦闘だと思いますので楽しみです。

最後まで読んでくれてありがとう。
それではバイバイっ!

 

広告を非表示にする